頭のいい人より 感じのいい人

◆あなたの顔は、感じいいですか。笑顔のあるなしで生涯年収がウン億円違うって知ってますか。新刊「頭のいい人より感じのいい人、外見力を上げる笑顔の法則」がダイヤモンド社から出版されます。前回の「売上げがぐんぐん伸びる笑顔の法則」もお陰さまで、うれしいロングセラーの仲間入りができました。笑顔は、数字です。笑顔で仕事をすると仕事が楽しくなり、運まで味方なります。ますます笑顔になって、もっともっと売上げが伸びていきます。◆笑うことは本能です。笑えない人はいません。でも素直に笑顔を投げかけることが出来る人は少ないです。情報の洪水の時代、アナタらしさをわかりやすく伝える笑顔の技術を磨きませんか。昔は、「外面がいい」という表現はあまりいい意味ではありませんでした。でも、人間は目の動物と言われるくらい9割以上が目から入った情報でイメージし、行動につながっていきます。◆感じのいい笑顔は、心と形が一体になって疲れません。みんな子供の頃はいい笑顔でした。筋肉の動きを分析すると、いい笑顔は、30以上の表情筋の中の7つくらいしか動かないそうです。無理にいい顔を作ろうとしたり、欠点を隠そうとすると無駄な筋肉の動きにつながり、顔が引きつったりした経験がありませんか。いい笑顔を作るには、準備が大切なんです。急に運動するとアキレス腱をきったりするのと同じです。◆笑顔づくりに影響を与える顔のパーツは、口/眉/目の順です。男性はヨンさま/女性は秋篠宮妃紀子様がお手本です。まずは、鏡を用意してください。あなたの口元の両端 口角は上がっていますか。下がっていますか。日本人はフラットフェースですから、下がっている人が多いです。下がり気味の人は、しっかり歯を出して笑うこと。ヨン様の笑顔は、上の歯が12本見えます。しかも真っ白で犬歯などありませんよ。当然、矯正されていまね。皇族の方々は、驚くほど口元が大きく上がっています。ですから歯を出さなくても十分笑顔は伝わります。◆眉はあまり細くしないこと。特に感情表現が苦手な人は眉尻を切らない。オデコを髪で隠さない。特に顔が大きいとかオデコが広いとか・・・欠点を隠していると感情が伝わりにくくなります。◆仕上げは目の表情です。鏡に向かって30センチくらい近づき、自分の顔に最高の笑顔を投げかけてください。細くなった目の瞳孔、黒目が大きくなることを確認してください。好感度を増す、眼力がアップしたはずです。眉を少し上げるようにすると効果が増します。感じのいい顔になりましたか。
[PR]
by egaoclub | 2006-02-12 10:00
<< 笑顔の楽校 ふるさとの風景 >>