笑いの測定器

人間の笑いを数値化した人がいます。関西大学教授の木村洋二さんだ。

笑いを量で測定する装置が役立つと考え、筋肉が動くとき発生する微弱な信号をセンサーでとらえ、データを独自ソフトで解析し笑いの度合を測定するのだそうだ。

笑いの単位が、アッハ(aH)だというのが、ネーミングが面白いですね。
大人の場合、大爆笑は一秒あたり5アッハ、4秒続くと20アッハなんですって。

歩数計みたいに小型化し、自分でチェックできるようにしたいという。
これアイデアは、実用化しやすいですね。売れそうです。
効果のほどは、あまりわかりませんが・・・。

+++++++++++++

でも、意味もなく笑ったら、気持ち悪いですね。
最近 子供のころの、腹が痛くなって苦しくなるほど笑った記憶が懐かしいです。

目的と手段を混同しないように注意したいもんです。

目的は、健康づくりですね。笑うことはとてもいことですが、
笑顔コンサルタントから見ると、人の話を聞けない人が多いです。
人間関係の中から生まれてくる笑顔とは、本質的に違うんです。

笑顔の字は「笑い顔」と書きますが、相手がいるから笑顔なんです。
日本人は、スマイルとラフ以上に区別し注意しなくては、いけないんですよ。
でも、笑ってごまかしてしまうんですね。「わっはっは、あっはっは・・・」

笑顔づくりの指導では、大笑いより相手と呼吸を合わせる「うなずき」技術が大切なんです。
笑顔ができない人は、きまって人の話を聞けないんです。

人の話は、目で聞き、耳で聴き、心に効くんです。
[PR]
by egaoclub | 2008-03-09 01:27 | なるほど笑顔
<< 10万アクセス突破 感動の値段は、いくらかな? >>