<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

花火は音が命です

◆今日は浅草の花火大会です。花火の楽しさは音の演出が50パーセントだと思います。以前あるホテルのバーから最高の景色で花火を見ました。素晴らしい花火ですが、なにか足らないんですね。音のない花火って、気の抜けてビールですね。少々天候が心配ですが、パン・パン・パン・・・と景気よくいきたいですね。浅草にもこんなにも人がいるのか・・・というぐらい暑い夏がやってきます。みんなの花火体験聞かせてください。◆さて嬉しい話があります。昨年出版した「笑顔の法則」ダイヤモンド社の売上げが順調に伸び続け3刷にはいりました。息の長いロングセラーの仲間入りです。日経ビデオも4刷、さらに笑顔の法則は韓国でも発売され初版4000部スタートですから、韓国の出版会社も本気ですね。ハングル文字の本を頂きましたが、まったくわかりません。新刊の出版/ビデオの制作も決まりました。頑張ります。
e0003877_16292130.jpg

[PR]
by egaoclub | 2005-07-30 16:37 | うれしい笑顔

我が家にブタがやってきた。

◆や〜驚いたのなんの。「どうしたの?」「誰だ、ブタ買ったのは」犯人は次女であった。我が家のムードメーカーではあるが、いつも親を困らせるのである。今年から就職して立派な社会人なのに・・・・/「返品してこいよ」「誰が飼うんだ」「大きくなったらどうする。小さい家がブタ小屋になるぞ」「ミニブタだから大丈夫」「ミニといっても大きくなるだろう」・・・・・というわけで我が家は大騒ぎである。でもピンクの子ブタ、最高にかわいいのである。大きさは30センチ。最後はブタの可愛さに負け、飼う事になりました。◆みなさん教えてください。本屋にいってもブタの本がなく、ペットショップの「一日一食 餌をあげてください。育てるの簡単ですよ。餌は犬と一緒」という情報しかありません。餌をあげると大きくなるそうですが、どのくらい大きくなるのか。食いしん坊なので一食はとても可愛そうです。ご飯のあげ方や躾のしかたなど・・・教えて欲しいです。よろしくお願い致します。
e0003877_10253918.jpg

[PR]
by egaoclub | 2005-07-19 21:38 | 笑顔の仲間たち

笑顔ミシュラン

◆独立して笑顔の会社をつくり企業を元気ににするにはどうしたらいいだろう、この会社にあった方法はないかと・・・いつも考えているんですが、(完璧に職業病ですが、僕はそれが好きなんですね)そんな中で笑顔風土づくりの導入時に数少ない共通の処方箋があるんです。それは、IDカードを笑顔にすることなんです。どの会社を指導するときでも、この点だけは同じことを指導しているんですが、現状は中々できません。自然が一番といってやらないんです。僕は無理矢理でもやらせるんですが、社長を先頭に大騒ぎで笑顔の写真をみんなで撮ると、自然とチームワークや笑顔意識が芽生え、自分の笑顔を意識してつくるようになるんです。本人からすると、ほとんどが笑い過ぎという感覚の写真が自然な笑顔に近いのです。今やどこの銀行でも手で認証するほどIT化が進んでいるのに「歯を出すことを顔の著しい変貌」と法律で禁止している日本は国です。ですから百貨店やホテル JALさんANAさんなどをはじめ笑顔を売りにしている企業でも笑顔のIDカードはできていませんでした。それが・・・・・・今空港のモデル店づくりでお手伝いしている宮崎空港が、独立して16年の悲願をかなえてくれました。宮崎空港の業務に携わる社長や役員、販売員の皆様はもちろんのこと、グランドホステスやアテンダントまで笑顔なんです。歯を出してとびきりの笑顔なんです。素晴らしいです。嬉しい・嬉しい・感動です。空港業務の小田さんに笑顔プロデューサーを依頼しました。彼女の感性で素敵な笑顔写真のレベルを通してます。笑顔に見えない笑顔は、何回でも撮り直しです。宮崎空港は、国が発行するIDカードを笑顔にした日本で最初の空港です。笑顔ミシュラン 星4つです。5つ星を目指し頑張ってください。
[PR]
by egaoclub | 2005-07-12 10:22 | ときめき笑顔

オレンジページと日経アソシエ

梅雨なのに暑い日が続きますね。体調崩さないように頑張りましょう。さて、読んで欲しい雑誌があります。オレンジページの「スマイル部に入ろう」医学会で「ガンと笑いの関係」を検証し注目された伊丹先生と一緒に登場します。それと、日経アソシエは、笑顔がビジネスにどれだけ効果があるか・・・・インタビューで熱く語りました。まだ原稿を見てないので不安ですが、悪いようには料理されないでしょう。・・・いよいよ笑顔のチカラの本番ですね。7月はテレビで「笑顔のチカラ」を放映している出光石油さんから依頼され笑顔研修を行います。僕はますます元気です。運まで味方しているようです。
[PR]
by egaoclub | 2005-07-02 12:12

笑顔を研究する人へ

◆最近、学生さんから卒論のテーマで「笑顔」を研究したいということでメールをいただく事が多くなりました。とても嬉しい事ですが、いままで相談にのった10数名の学生さんの卒論はどうなったのでしょうか。聞くだけというのは、少々寂しいですね・・・・。◆とにかく入門編としては、私の著書「笑顔のチカラ」アルマット社を熟読して欲しいです。日本ではじめての笑顔の本だと自負しています。そして、参考文献(202ページ)を是非熟読してください。笑顔のチカラを書くのに集めた先駆者たちの思いを感じて欲しいです。◆それと笑いと違い笑顔は、コミュニケーションツールです。聞くときだけ聞いて「ありがとう」の一言もないようではいけません。相手がいるから笑顔なんですよ。わかるかな・・・・。でも研究頑張って欲しいです。素晴らしい日本を海外に伝えるために、僕からのバトンを受け取って欲しいです。
[PR]
by egaoclub | 2005-07-02 12:10

アン・アン見てね

◆今、発売のアンアン「めざせ!いまどき性格美人」の特集の中の、笑顔はみんなを幸せにする!スマイル美人を極めよう・・・に登場してます。見てください。◆僕の写真が2〜3年前の昔の写真で少々若い(ズバリ髪が多い・・・)という話をある出版社の方に話しましたら、女性は写真を見てもわからないくらい昔の写真を使う人が多いとか・・・・イメージって大切ですね。でも、本物とわからないようじゃ写真にも賞味期限をつけた方がいいのかも(笑)
[PR]
by egaoclub | 2005-07-02 12:08

極楽・極楽・・・

痛い、痛い、痛い・・・・痛いのはつらいもの。2ヶ月前 テニスエルボーになってしまいました。テニスエルボーというのは、テニス特有の関節炎?でまさか週1テニスの僕がなるとは思いませんでした。右手でコップが持てず、はみがきチューブも押せませんでした。人ごとだと思っていた理由は、テニスをやり過ぎる人がなる症状だと思っていたからです。僕のテニスは、仕事から解放され意識を切り替え、心と体のバランスと健康を取り戻そうと始めたんですが・・・仕事でもテニスでもほどほどというのが出来ない性格、最近は土日も仕事でテニスができず、その日はまとめて振替をとりました。朝から晩まで学生を相手に青春してました。テニスを終え、友人と一杯やるのが楽しみなんですが、お酌しようとしたビールの瓶が持てないのです。翌日はもっとひどく、右腕が動かないのです。・・・2週間たっても湿布薬を貼ろうがバンテリンを塗ろうが症状が良くなりません。薬で腕がかぶれてしまいました。◆友人に相談したら「神田にいい医者がいるから、行って注射を打ってもらえばすぐ良くなるよ」「本当かよ」と思いながら行きました。不思議なことがあるものですね。一番痛いところに直接注射を打ちましたが、即効果ありです。先生曰く「運動も普通にやっていい」ということす。いまこわごわとリハビリ中です。それと、リハビリ中何をやっているかというと、5年以上お休みしていたゴルフを始めました。ゴルフは、右手をあまり使いませんから、気分転換に丁度いいんです。そして、先週コースまで出て自然を満喫しました。残念ながら富士山は見えませんでしたがゴルフも良いもんですね。右手がだめなら左手があるさ。右手が痛くならなかったら、1日まるまるつぶれ、お金のかかるゴルフはやめていたでしょう。仕事を終え、温泉に入り一泊。翌日ゴルフをして、また温泉に入る・・・極楽、極楽。心のリニューアルもたまには必要ですね。右手の痛みに「ありがとう」です。
[PR]
by egaoclub | 2005-07-02 12:05

人間として生きる上で必要な「50のルール」

◆この本を読んで、本当に感動しました。本の題名は「あたりまえだけど、とても大切なこと」草思社 著者ロン・クラーク氏 1400円です。実は、この本 福井トヨタの梶本社長からいただきました。僕だけでなく全社員に配布されていました。この本は、トヨタの理念を伝える教科書でもあり、社員に対するこころ配りにトヨタの強さを感じました。福井トヨタは、全国のトヨタの販売会社の中でも営業力優秀なトップ企業、トヨタの理念が脈々と伝わっている笑顔の会社です。◆著者のロン・クラーク氏は、学習や行動に問題をかかえる生徒の多い小学校の教師を担当し、特にハーレムの中から優秀児を輩出し目覚ましい成果を上げました。28歳の時ディズニー社主催「全米最優秀教師賞」を受賞。毎年、受け持ちの生徒に教えるルールをまとめたのがこの本で、全米で大ベストセラーになったそうです。日本でも昨年出版されました。◆何がすごいか、感動したかというと、ルールの内容が日本的でわかりやすく数多く共感しました。人間として生きる上で必要な基本が「50のルール」に力強く書かれています。これができれば、笑顔コンサルタントという職業もこの世に存在しませんね。◆<ルール2> だれかが話しているときには、その人の目を見よう。だれかが意見を発表しているときは、その人のほうに顔を向けよう。・・・・アイコンタクトは、自信を見せるための方法であると同時に、相手に敬意を表すための重要な方法である。わたしのクラスでは、だれかが発表している時にはその子の方を向き、きちんと話を聞かなければならないことになっている。その子が意見をいいおえるまで、ほかの子がコメントをするため手を上げることは許されない。人の話の途中で手を上げるのは、その人の意見より自分の言いたいことの方が重要だと考えていることになるからだ。・・・・そんなことをされたら、話しているほうは、自分の意見などなんの価値もないと感じるだろう。だからそういうことはしてはならない。・・・・アイコンタクトさえ忘れなければ、相手はこちらの言うことを真剣に受けとめ、正しい評価をしてくれるだろう。◆僕が笑顔を通して伝えたいことが、この本にたくさん書かれていました。子どもたちのためのルールブック「あたりまえだけど、とても大切なこと」を推薦いたします。
[PR]
by egaoclub | 2005-07-02 12:00

ルミネ式 笑顔づくり

◆「頭がいいより、感じが良い方が優先するんだよ・・・・」毎年 新入社員に社会人と学生の違いを笑顔づくりを通して語り続けています。感じが良いかは、最近のビジネスでは特に大切です。クレームの内容も大きく変化しています。しかも笑顔があれば、クレームの3分の2がなくなります。ITの時代のお客様は、世の中気持ちが渇いて 心の潤いを求めているようです。価格競争で失敗したダイエーと同じ過ちを犯してはいけません。笑顔なき企業は滅び、笑顔なくして幸せな人生は存在しません。◆本日(4/11)発売の日経ビジネスを是非一読ください。特集テーマは、「流通敗群 勝者ヨドバシ、ルミネの解答」です。負け組 仏カルフール/イトーヨーカ堂「安けりゃいいと錯覚した」鈴木敏文会長/イオン「人材育成 0点 いかに教育の機会に飢えていたのかわかった」岡田元也社長などの敗群たちの錯覚が語られています。勝ち組 花崎ルミネ社長のコメントとしてCS(顧客満足)戦略の柱 笑顔の仕組みづくりがおおいに語られています。「笑顔」もしごきで叩き込む・・・・僕が紹介されているんですが、文を読むとなんだか「地獄の特訓」みたいな笑顔研修を想像してしまいますが、とんでもない表現ですね。CS推進室のメンバーと作ったオリジナルのシステムなんです。ルミネの理念を具現化した作品です。「今日のルミネは楽しかったですか・・・」ルミネに出店している1300店舗以上の専門店に大きな影響を与えています。笑顔づくりの仕組み 参考にしてください◆笑顔なき企業は滅びる・・・・銀座に行ったら数寄屋橋の交差点にあるソニービルと松屋の前にあるアップルストアーを見比べてください。どっちの商品が楽しそうか。どっちの店が笑顔が多いか。ソニーは、商品の質問をすると、きちんと身だしなみを整えた美形女性が従来通りコンパニオン的に説明してくれます。だけどなんだか商品の楽しさが僕には伝わってこない。その点、マックは楽しそう・・・スタッフがマックを好きなんだね。何でも嬉しそうに答えてくれ一緒に遊んでくれる。あのソニーでさえ理念の伝えるDNAをどこかで効率という落とし穴に落としてしまったらしいです。ソニーさん 勝たないと笑顔になりませんよ。商品を生かすのは人です。スタッフに笑顔がない・・・すべての基本は現場発想からです。
[PR]
by egaoclub | 2005-07-02 11:57

青春の回想と松坂慶子風のウエイトレス〜談話室滝沢 体験編

◆自分の青春を回想しながら最後の新宿滝沢でお茶しました。昔から変わらない白黒の看板 談話室 滝沢のレトロが新鮮だ。店頭に立ち深呼吸しながら入る雰囲気・・・相変わらず気軽に入りにくい雰囲気が漂う・・・階段を降りると広いくつろぎスペースが広がる・・・清楚で落ち着いたスーツ姿のウエイトレスが深々と丁寧な90度の礼でお出迎え・・・・滝と沢をイメージした内装と水ののせせらぎにこだわったBGM・・・ホテルのフロントのようなカウンターレジ・・・・・見渡すとお客様はみんな40代以上・・・松坂慶子風のウエイトレスが席まで案内してくれました。小倉抹茶色のソファーに腰を深々と降ろし、コーヒー/紅茶/メロンソーダー/メニューを確認する、すべて1000円。そしておもむろにコーヒーを注文する。ケーキセットは、1100円、さらに一品追加して1300円、ケーキの御変わり 300円である。昔と変わらない価格設定。滝沢3大アイテムを再確認・・・おしぼり/コースター/砂糖(お清めの塩風)をしみじみと触りながら味あう。帰りにいつももらっていた謝恩券 200円はなかったが、笑顔一杯のお見送りがありました。・・・・「心からの接客ができなくなった。店が混んで儲かっても、やめるしかない。これが私の哲学です。」(滝沢社長談)・・・・・3月末閉店です、一度味わって欲しいですね。◆それにしても、そごう/ダイエー/西武鉄道/武富士/三菱自動車/JAL/東京ディズニーランドまでが顧客不在・・・・西武の堤元社長を見ていると悲しくなります。歳をとって刑務所に入るのは寂しいですね。あの方は素晴らしい仕事をした人ですよ、豊かな日本の象徴的な存在でした。陰の部分も大きかったんですね。そして、こころの豊かさに欠けているようです。どの社長も顧客サービスをスローガンに経営していたのに、・・・みんな、「嘘は泥棒のはじまり」と子供のころ教わりました。商売は、従業員や関係先、そしてお客様と幸せを分かち合えなくてはいけませんね。価値観は人それぞれ違っても、みんな幸せになるために生きているんだと思います。滝沢社長の言動に忘れかけた商人道を改めて実感いたしました。長い間ありがとうございました。僕もお客さまから小さく仕事でも「ありがとう」とたくさん言われる仕事を目指します。
[PR]
by egaoclub | 2005-07-02 11:55