<   2005年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

欠点を生かす知恵

◆最近、穴のあいた帽子やジーンズが目立ちませんか。わざと使い古して見せることを、ダメージと言うそうです。そういえば、昔もやりましたね。新しい学生鞄をペチャンコにしたり、帽子を古くみせたり・・・・ジーンズも何回も洗ってみたりしました。でも、最近のダメージやクラシックと呼ばれるファッションは、過激です。新品なのに、ほとんど素肌がみえるほど、びりびりに破いた物を売っています。◆ダメージという欠点を長所に変えるファッションの技を笑顔にも取り入れる時代が早く来るといいと思います。みんな良い顔になりますよ。◆どうしても自分が嫌いな顔のパーツを隠そうとするのが人情です。僕も自分の顔で嫌いなパーツがありました。時代とともに変わりましたが・・・学生の頃は、眉毛です。ゲジゲジ眉で、しかも垂れているんですよ。嫌でした。そして、中年になると髪の毛が薄くなることです。ヘヤースタイルで前髪をたらし、額の生え際を隠しました。・・・・でも、今は自分の顔が大好きです。特に、欠点が味になり、仕事を支えてくれています。垂れた眉毛は、笑顔を優しく引き立て、短くした前髪は顔全体の表情をパワーアップしてくれます。昔、欠点だと思っていたところが、僕のキャラを生かしてくれています。◆「一流の顔」幻冬社 という著書に書かれていたのですが、顔のパーツの欠点と言われているところを集めると、誰の顔に似てくると思いますか。目は小さく、鼻は団子鼻、顔は真四角、おまけにホクロまでついています。答えは、渥美清さんです。亡くなった今でも、強い人気を保っています。みなさん、欠点を味にする時代ですよ。すばらし笑顔をつくるには、自分の顔を好きになることから始めましょう。顔のダメージも長所として味にできると良いですね。
[PR]
by egaoclub | 2005-10-23 10:13 | なるほど笑顔