<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

挨拶は、本能だ!!

◆本当かよ。???・・・「いただきます」を言わせない親というエッセイが先日の朝日新聞コラム「声」に出ていました。札幌の及川さん48歳の方の実名入りです。読んでとてもショックを覚えました。ご紹介します。◆つい先頃、道内のある中学校で、生徒の母親から「学校側に給食費を払っているのだから、うちの子に『いただきます』を言わせないでほしい」という要望が出たと聞き、驚いた。また、別の中学校の教師が、生徒から「『おはよう』『こんにちは』の挨拶に何の意味があるのか。必要ないのでは?」と問われ、教師もその通りだと思ったと聞き、唖然とした。挨拶をしない時代が来るのだろうか。食事ができるのは当たり前、朝、目が覚めるのも、人に会えるのも当たり前、生きているのも当然なのだろうか。しかし、病気と闘っている人たちををはじめ、生きることが当たり前でない人たちが、日本には少なからずいる。世界の貧しい国でも、大勢の人たちが食べるものがなく死んでいる。「あー、今日も生きていた!」と感激して一日が始まり、今日も生きることができたことを心から喜びながら、挨拶しあう人たちがどれほどいることか。それを子供たちに教えるべき親や教師は、いったい、何を大切にし感謝して生きているのだろうか。心から挨拶が出来る世の中になったら、自殺も犯罪も減るのではないだろうか。・・・・・以上が原文です。◆素晴らしい子供や先生もたくさんいますよ。あまり心配しすぎない方が良いのではないでしょうか。いつの時代でもいろんな考えの人はいました。笑顔研修だけでも5万人以上の人と出会いましたが、挨拶の出来ない人はいません。下手な人はいますが・・・(特に社会経験のない学校の先生は苦手なようですね。)笑顔と挨拶は、人間の本能だ!!上手く導けばいいんだと考えます。しかし、表現力には個人差はあります。みんな大切だと感じていますが、表現の下手な人や出来ない人は恥ずかしがり屋で、とてもシャイなんです。表現するのがとても苦手なんです。大人になると甘えてやり過ごしてしまう人や笑ってごまかしたりする人が多いです。子供の頃はドキドキしていた心も、年齢とともに、だんだん感じなくなるようです。子供は親の鏡・・・、そういう人が多いので、今回のような危機感を感じている方が増えているのかもしれません。◆もう一度言いたい、笑顔と挨拶は一人で生きることの出来ない人間が生きるために身につけた本能です。人は、みんな孤独が嫌いなのです。ですから笑顔研修の中では本能を刺激します。どうやって刺激するかというと、アイコンタクトです。楽しい雰囲気の中で、お互いが目を見るというアクションを繰り返します。そうすると人としての証である愛のスイッチがONになるんです。照れ屋さんには僕の身体を張って無理矢理でも体験させます。まさに愛コンタクトなんです。相手がいるから笑顔であり、挨拶なのです。その大切なことを理解しないで、マニュアル的に形だけの挨拶を教えても楽しくないし気持ちは伝わらないです。しかも愛し合ったり、楽しんでいると自然に目が合うようになるんです。誰でも丁寧な言葉遣いやお辞儀はできなくても、こぼれるような素晴らしい笑顔の挨拶はできます。なぜならば挨拶した方が気持ちいいからです。気持ちいい方に行動は向かいます。もっと気持ちいい挨拶を体験させたいですね。その基本は家庭です。お母さん、お父さん今までの10倍!、子供の目と顔をしっかり見て話してください。情報の洪水の時代、愛を伝える本能であり技術である「笑顔」の出番です。
[PR]
by egaoclub | 2005-11-20 08:21 | 笑顔の仲間たち

羽田空港笑顔化計画

◆本日11月11日の東京新聞に全日空笑顔セミナーが紹介されました。羽田空港笑顔化計画の一環としてお手伝いさせて頂きましたが、さすが良い笑顔の持ち主が多かったです。でも、はじめは、口元は笑顔の形でも目にチカラが無かったです。笑顔セミナーを進行するに従い会場は盛り上がり、終わる頃にはテンションを上げながら、瞳孔が開き眼力のある素晴らしい笑顔が出来上がりました。◆全日空は、今年の中間決算で過去最高の経常利益を出しました。その秘密は、笑顔にあるんです。笑顔なき企業は亡びます。世界で一番の笑顔の空港を目指して欲しいです。日本ほど素晴らしい国はないんです。今、ヨーロッパからスローライフ、アメリカからLOHASがトレンドとして紹介されています。間違いなく次は日本の笑顔です。日本の笑顔は、単なるトレンドではなく文化として自然と一体となり共生する中で生まれました。少々道草も食いましたが、笑顔を日本の文化として世界に発信する時代がやってきたようです。ようこそ日本・・・・全日空の皆さん あなたの出番ですよ。
[PR]
by egaoclub | 2005-11-11 22:37 | 笑顔の仲間たち

エキュートって知ってる?

◆皆さん、ecute(エキュート)をご存知ですか。「楽しい事がキューっと詰まっている駅」を意味する駅構内の商業空間です。3月オープンした大宮駅に続き、10月1日品川駅にオープンしました。場所は、駅の南側、中央改札内のコンコースにあります。2階の天井にはめ込まれたガラス窓から自然光が差し込む心地よい空間が広がります。◆オープン景気が終わってゆっくり見ようと、再度 先週行ってきました。夕方前なので閑散と思いきや多くのビジネスマンやウーマンで一杯でした。最近では、こんなに込んでいるデパ地下やスーパーの地下、SCでも見た事ありません。素晴らしいマーケティングに基ずくリーシングが成功の決め手です。そのキーワードは、「LOHAS」なんです。◆僕が気に入ったのは、食の世界では、有名専門店の新業態店舗が一杯あること。新しい食へのチャレンジと変わらない美味しさへのこだわりを感じます。そして一番好きなのは、丸善を中心にした雑貨アイテムです。特にACME(アクメ)は、ペンやカードケースや腕時計など世界的な建築家や芸術家とのコラボレーションから生まれた雑貨のお店。普段使うからこそ、こだわりたい個性豊かな一品揃いです。◆エキュートは、一言でいうと大人のコンビニです。しっかりと地域のビジネスマンやガールをとらえ、定期券があるから日中も繁盛しているのかもしれませんね。それに引きずられ乗降客も利用しているようです。飲食ゾーンは、今でも行列です。並ぶのが嫌な僕は、まだ利用してませんが・・・。◆JR東日本は、ルミネさん同様、戦後 百貨店が中心に作ってきたリテイルビジネスを素晴らしいスピードで再構築している事だけは、間違いなさそうです。大人のコンビ二 恐るべし。一見に値します。でも・・・・駅構内のビジネスは、税制の優遇があるという噂を聞きましたが本当なのかな。
[PR]
by egaoclub | 2005-11-05 21:51 | ときめき笑顔