<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ふるさとの風景

◆新春恒例の皇室行事 歌会始の儀 今年のお題は、「笑み」。一般の方から選ばれた中で、笑みがこぼれた歌がありました。大阪府の小学6年生 川阪友未さん「お母さんすぐおこるけどすぐ笑ふでもまたおこるそのくり返し」。・・・なるほど。今年も笑みのこぼれる話題や感動体験を、笑顔CLUBで紹介して行きたいと思います。◆今週 沖縄の仕事に合わせて石垣島、小浜島、西表島に行きました。昨年までは、全国日帰り出張を繰り返していましたが僕が疲れちゃ笑顔を伝えられませんね。笑顔の会社なんだから・・・思うところあり積極的に感動体験をしたいと思います。今回の沖縄 特に孤島では、暖かい人のこころに触れとてもいい思いをしました。日本人の原風景を味わいました。一番印象に残ったのは、小浜島です。珊瑚で作った塀や家並みが環境条例で保護されているだけあり、島全体がとても美しい〜のだ。人口300名くらいの島。すれ違う島民は、みんな笑顔で挨拶してくれるんです。観光に携わる仕事がほとんど出そうですが、営業スマイルではなく天然笑顔です。水牛の引くゆっくりとした牛車のスピードが、疲れた人のこころを癒してくれます。三線を奏でながら歌う民謡が何とも最高の雰囲気を作ります。今度は、民宿に泊まりたいです。◆八重山諸島の中心は石垣島です。お土産屋さんが多いのですが、店員さんが話好きなこと・・・。象徴的なお店は、市役所通りにある貝の専門店。入り口の床に「勝手に入ってどうど」だって。お店に置いてある握り拳のような形をした珊瑚が欲しいと言いましたら、「これ売り物じゃないからあげるよ」だって・・・でも値段つけてとお願いし・・・じゃあ100円でということで商談が成り立ち、お土産に星の砂までもらいました。仕事に対するこだわりはすごいです。ほのぼのと笑みがこぼれる風景がいっぱいありました。僕の好きな言葉は「あがやー」です。語尾を優しく発音して感動したという意味らしいです。◆帰りは沖縄本島から戻りましたが、新しく出来たモノレールの駅に隣接するDSFギャラリアの立派なこと。成田空港にもないほどの有名ブランド専門店の免税店が並び、3階にグローバルダイニングのフードコロシアムまである。都会を思い切りもって来た感じだ。もうそこには、沖縄らしさは全くなかった。グローバルの元気な接客だけが、雰囲気になじまないで浮いていました。免税店も立派なわりに、とても暇そうでした。
e0003877_2035075.jpg

[PR]
by egaoclub | 2006-01-15 11:10

ラスベガス笑顔の秘密  後編

◆明けまして おめでとうございます。
さて、6日付けの日経MJの特集は「聞け接客巧者の武勇伝」なかなか面白い。レストラン カシータの情報が出ています。カシータの社長 高橋滋さんが出されている著書「 I am a man 」 はおもしろいです。インドネシア、アマンリゾートでの衝撃の感動・・・そして自分でお店を作っちゃう・・・それほどのホテルでの感動体験 うらやましいですね。奇跡のレストラン カシータの作り方は面白いですよ。参考になります。サービス業の方は、一読を・・・。それよりも一番いいのは、お店に行くことですね。青山学院大学の前 国道246沿いにあります。要予約 0120917044 または、03-5485-7353です。予算 平均客単価 15000円位ですね。私の名前を言っていただくと、会話が盛り上がるかもしれませんよ。安くならないと思いますが(笑)  でも感動「フォー」と言えばラスベガスが一番です。◆何と言ってもラスベガスは、年間 3500万人を世界から集める町なんてす。・・・でもそれを支えているカジノのスタッフの時給 850円だということを聞いて驚きました。安い。当然そこだけでは食べていけないので、レストランなど他の仕事を3軒くらい掛持ちしているそうです。驚いたのは、34歳で孫がいるなんてスタッフも多いこと。そのくらい若く結婚し、(出来ちゃった結婚)2〜3年で離婚し、でも慰謝料ももらえないくらい亭主が若い、だから自分で仕事をし子供を育てるしかない。・・・そういうスタッフがとても多いそうです。彼女たちの夢は、カジノで儲けること。ロマンをもちながら仕事してるんですね。原則 自分のホテルではカジノをしてはいけないそうですが。◆ベネチアンホテルは、一階のカジノだけで一日の粗利高が1億円。それと比較し2階の物販/飲食フロアーは、家賃をあわせても1千万円にしかならない。でも、オーナーは、カジノを2階でもやろうとは考えない。どのホテルのコンセプトもわかりやすく楽しい演出が凝っている。人気がないならすぐやめる。オーナーチェンジも多い。成功と失敗。夢とロマンのアメリカ人が好きそうなことが詰まっている街だ。ニューヨークのトランプタワーで有名なトランプ氏のホテルも今 建設中ということです。各ホテル魅力ある演出にこだわり 無料の噴水ショーや火山ショーや本格的なミュージカルの舞台など素晴らしい。タダ、タダ、タダ・・・見ているだけで飽きないホテルがすべてテーマパークだ。ディズニーリゾートと違うのは、世界観に合わないきらびやかなカジノの機械がどこでもあることだろう。当然 カジノが儲けの中心であることには変わりない。(一人でも多くにお客様を集めてカジノで儲けるという仕組みが見えてくる。)特に、カジノをやらないという評判の日本人には、もっと金を使ってもらいたいと言ってました。僕の隣で遊んでいた中国人は、100ドル紙幣の札束もって勝負していました。◆カジノのお客様VIPはスゴイ待遇です。最高級ベラッチオホテルの最上階のスイートルームは常にVIPの為に開けているそうです。当然、レイクビュー側、いついかなるVIP客の我がままにも対応できるように準備しているそうです。極楽極楽です。カジノが飽きたらゴルフ・・・当然ダダ。ボールもカジノ以外は何もかもダダ。最高のお客様はカジノで遊んでくれるお客様なんです。美人担当スタッフは、お客様が儲かることを心から応援するそうです。お客様と一緒に楽しんでもらえばいいということが、徹底されています。彼女たちは、お客様が儲かることを心から喜ぶ。一緒に楽しむ。・・・・◆リッツカールトンの顧客満足システムとは、違いますね。どのホテルでお客様がどの銘柄のワインを注文したか。お客様メモのコンピュータで世界どのホテルでもわかるシステムがあるそうですが、・・・・ラスベガスでは、VIPはワインも当然ただですから・・・。というような情報がもっと知りたい方は、雑誌「財界」に長野慶太さんが連載中です。ちなみに日本人でもは、あのハマコウ以上にラスベガスでVIPだったお客様がいたそうです。今度の原稿は、その日本人だそうです。もてなし型のサービスというより、フレンドリー型のサービスの仕掛けがたくさんありました。笑顔に なっちゃうんですね。そこがスゴイと思いました。ラスベガス流、みんなが笑顔になっちゃう「サービスを飛び超える瞬間」は、本でまとめてみたいと思いました。長文 付き合ってくれて、ありがとうございます。
e0003877_20145071.jpg

[PR]
by egaoclub | 2006-01-06 21:34 | ときめき笑顔