<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

隅田川花火大会

◆夏といえば、花火・・・昨日29日の浅草は見物客でいっぱいでした。
笑顔アメニティ研究所は、雷門通りに面しており、花火見物の最高のポイントなんです。今年も屋上が一般公開されみんなで楽しみました。なんと今年で29回目だそうですが、毎年見ている我々地元住民としては、今年の花火は心なしか元気がなかった感じがしました。

◆次々と打ち上げられる2万発の花火・・・大輪の花がパッと咲き、パッと消える何とも日本的な情緒と芸術性を感じます。素晴らしい日本の文化ですね。テレビで見たことがありますが、面白くないですね感動が伝わらないんです。何だろうと考えてことがありました。形は綺麗なんですが、身体に響く音と火薬の匂いがないんです。丸い火薬玉に細工された無数の火薬玉・・・それをつめながら遥か上空で開く大輪をイメージできるなんて素晴らしいですね。それも一瞬で消えてく、はかなさ。「もののあわれ」の素晴らしさ、日本人に生まれてよかったしみじみ感じました。そして、読んで感動した下記の本を思い出しました。

◆「国家の品格」新潮新書 著者の藤原正彦氏 は「もののあわれ」の大切さを語っていました。
現代社会は欧米の文化である合理的か論理的かという視点が重視されすぎている。これは重要であるが「それだけでは人間はやっていけない」もっと日本人が古来からもつ情緒や伝統に由来する形を見直していこう。

物が朽ち果てていく姿を目にすれば、誰でもこれを嘆きます。むろん欧米人でもそうですが、日本人の場合、はかなさに美を感じる。これは日本人特有の感性だそうです。はかなく消えていくものの中に、美的情緒を見いだしてしまう。

10年ほど前スタンフォード大学の教授が藤原氏宅に遊びに来た。秋だったのですが、夕食を食べていると、網戸の向こうから虫の音が聞こえてきました。その時 教授は「あのノイズは何だ」と言いました。スタンフォードの教授にとっては、虫の音はノイズ、つまり雑音であったのです。その言葉を聞いた時、田舎のおばあちゃんが浮かんできました。秋になって虫の音が聞こえ、枯葉が舞い散り始め「もう秋だねえ」と言って目に涙を浮かべたのを思い出したしたそうです。
[PR]
by egaoclub | 2006-07-30 17:06 | ときめき笑顔

素直初段

◆松下電器の創業者 松下幸之助は、「素直さ」を大切にする企業文化を組織に取り入れるように、経営者に「素直」の大切さを説いて聞かせたそうだ。素直継続10年で初段、20年で2段だそうだ・・・ 。

◆パロマ工業のガス瞬間湯沸かし器で85年以降 15人が一酸化中毒で亡くなったという事件・・・驚いた。何で今頃 公表されたの。しかも暑い時期に発表・・・自分たちの都合でお客様不在が見え見えの企業のようです。
◆事件の発端は、10年前東京で亡くなった山根敦さん(21歳)、プロのミュージシャンを目指した彼は、音楽専門学校に通っていた。部屋で亡くなっているのを友人が発見する。警察からは「病死」と説明され、担当刑事からは「本人の健康管理や親の監督がなっていない」と注意された。・・・事件から10年が経過し、母親が赤坂署に当時を偲ばせるものが残っていないか尋ねた。署員の勧めで警察病院から死体検案書を手に入れることができた。解剖所見に通常では考えられない濃度の一酸化炭素中毒であったことがわかり、再捜査が始まった。両親の執念が、再捜査につながった責任逃れは許せない。

◆昨年12月 松下電工は最大商戦期間中に「このガスファンヒーターが危ない。命の危険あり・・・」テレビや新聞を活用し大々的に危険広告を実施した。商戦中のお詫びや回収広告で、大赤字を経営陣は覚悟したはずだ。しかし、結果は12月4日 予算比 88% / 12月10日 予算比 104% /12月20〜30日  予算比 118% 事故の広告をしたら売上げが急伸とは、誰も予測しなかったであろう。正直松下の復活だ。その後も成績が好調を維持し、V字回復。正直者は救われるのだ。
[PR]
by egaoclub | 2006-07-17 12:32 | 提言

鏡の法則

◆やばい・・・大粒の涙がこぼれてしまった。ここは電車の中だった。

前の座席の中年女性がさりげなく僕の顔を見た。そのさりげなさが恥ずかしい。「でもいいや、泣いちゃえ」心は洗われ、子供のような素直なこころと清々しさを感じている自分がいた。電車の音がやけに新鮮でした。・・・・本当に短い物語ですが、すべて真実だそうだ。
(僕は、素直に受け入れました。) 
ほんのわずかな時間で愛と感動を分かち合うことができました。

あなたにお薦めの本です。
「鏡の法則」 野口嘉則著  総合法令出版
[PR]
by egaoclub | 2006-07-01 23:47 | 笑顔の仲間たち