<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

選挙ポスターから好感度アップの技術を盗め

昔「笑顔を教えたい政治家ベスト5」という企画でテレビに出たことがあります。笑顔で一票・・・政治家の先生に「外面で損してはいけない!」と熱く語ったのが懐かしい。
著書「笑顔のチカラ」アルマット社に紹介しました。
http://egao.co.jp/your-smile/your-smile02.html

僕は今、忙しく全国を飛び回っていますが、いよいよ参議院選挙です。どの地区の候補者のポスターは、表情がよくなりましたね。笑顔で一票が浸透したようです。

自然に見えるようないい顔もありますね。当然、作られているんですが、参考になると思います。ぎこちない顔でも好感度が高いです。

コツは、笑顔に自信のない人や人相の悪い人ほど顔を動かすこと。以前もお話したように顔の動きは、口、眉、目の流れです。特に、歯を出した方が顔の筋肉が疲れないし、素直な心に見えますよ。口元を上げるだけでいいんです。

それと候補者の目は、かなり修正してますね。ライトを入れるのはあたり前、瞳孔を大きくするか、瞳をはっきりさせる、眉を少々上に上げる・・・プロの写真家から好感度アップの技術を学びましょう。

追伸
驚きましたね スマイル党 党首とかいう人が東京都から立候補しているんですね。
多くの方から「お知り合いですか」と聞かれるんですが、僕とは全く無関係です。お会いした事もありません。

僕の考える笑顔は、政治、宗教、人種、文化、性別、年齢、収入などの枠を飛び越えるから素晴らしいんです。
[PR]
by egaoclub | 2007-07-23 20:20 | 提言

挨拶で成績が上がる

先日、あるショッピングセンターの部長から嬉しい話を聞きましたので紹介します。

「門川先生は、早稲田アカデミーで先生の指導をされていますか。」

「いいえ、塾の研修はしていませんけど・・・、どうされました」

「実は、うちの息子がお世話になっているんです。先日 塾に行く機会があり、驚きました。塾に入ろうとすると先生方がきちんと挨拶をしてくれるんです。全員 立ち上がり、笑顔で大きな声で挨拶してくれるんですよ。」
「子供の成績も上がり礼儀作法まで教えてもらい、女房とも喜んでいます。」

そこで、早稲田アカデミーを調べてみました。厳しい少子化の塾業界で18.2%(2005年度)の素晴らしい成長企業なんです。

HPを拝見しました。ありました塾長のコメントが・・・

元気な挨拶をモットーにした年から合格率がうなぎ上りだそうです。

以下 塾長のコメントを直接ご覧ください。
++++++++++++++

第九回 家族同士「おはよう」言い合いますか?(5月2日)

「おはよう」「おやすみ」は一日の始まりと終わりですが、その間にも集団生活をする者同士さまざまに言葉を交わす。これがあいさつです。これをきちんとやれるかどうかは、学業にも影響を及ぼすと申したら驚くでしょうか。
  評論家の福田和也氏は「学歴がなくてもあいさつができ、時間を守れる若者なら生きていける」と言いました。あいさつ一つできなくて、時間にルーズな人間が大成したためしはありませんから、一理もニ理もありますが、教育パパならもっと深い意味も認識しましょう。
  貴殿の家では家族同士「おはよう」を言い合いますか?言わないとしたら、それは親の責任。まず夫婦にその習慣があれば、100%子どもはそれに習うはずですから。学業とどう関係があるかとお疑いでしょうが、それが大いにあるから受験は深い。
  元気なあいさつができる中学生は、教師のウケが違います。それだけで内申の評価は数ポイント加算されることは確実。塾ならすぐに名前と顔を覚えてもらえます。
  “目をかける”という言葉がありますが、顔と名前を覚えた子には教師は目をかけます。ということは、講義の佳境にはその生徒の目を見て念押しするはず。それだけで受ける生徒の大脳に刻まれる記憶の深さが微妙に違ってきます。たちまち偏差値も2、3ポイントアップは必定でありましょう。
  アサヒビールが王者キリンの牙(が)城を崩したきっかけに「ドライ」のヒットとか諸々あります。
  しかし回顧録で興味を引くのは、まず職場内で社員同士、朝夕のあいさつの励行を徹底したとのこと。何を隠そう、わが早稲田アカデミーもその昔「元気なあいさつ」をモットーにした年から、合格実績がうなぎのぼりに上昇したのでした。
  あいさつは、家庭も職場も教室も活性化させるから不思議です。

http://www.waseda-ac.co.jp/column/index_pssd02.html#a0502

塾長のコメントは、家庭や学校の先生も参考にして欲しい内容です。
[PR]
by egaoclub | 2007-07-09 18:41 | なるほど笑顔

TV「新幹線ガール」の感想


新幹線ガールの本の内容が大分脚色されていましたが、笑顔を大切にしている・・・という主旨は伝わったと思います。

内容は少々バライティ風ですが、楽しかったです。

東海道新幹線N700系 新型車がいいですね。明日から出張です。夜 岡山まで乗車予定。ワクワクです。

それと、ベッキーも笑顔研修を受けないといけませんね。

ドラマの内容は別にして初歩的な訂正点は、髪の毛が目にかかる点・・・あの髪型は特殊ですが、例外を認めたとしても眉が見えるほど前髪を切りしっかり顔を見せないと、普通の人は笑顔の表情は伝わりにくいんです。

わかるかな〜最低でも、和田アッコさんや黒柳さんの前髪です。かなりパワーやテンションの高い人しか進められませんが・・・

二つ目は、アイコンタクトのタメが少ない。
お辞儀が下手。
コーヒーの蓋を閉めてない・・・。

まぁ、楽しかったから いいか。
[PR]
by egaoclub | 2007-07-05 17:53 | 笑顔の仲間たち

新幹線ガール

「新幹線ガール・・」聞いたことありますか。

昨年 彼女の仕事が天声人語に紹介され、一躍注目され始めました。・・・そして「新幹線ガール」が本になりました。

さらに「新幹線ガール」がテレビスペシャルに登場します。7月4日(水)日本テレビ 21:00〜22:48です。

彼女の仕事は、車内販売のアルバイトからはじまりました。この物語は、ワゴン販売で平均の3倍という抜群の成績を上げ、正社員になった彼女 徳淵真利子さんの愛と汗の新幹線パーサー物語です。

僕は、東海道新幹線の笑顔の新幹線ブランドづくりをお手伝いして3年になりますが、この運動が子会社にまで広がり、最高に嬉しいです。

本音言って、もっとマスコミが評価していいのは、東海道新幹線の車掌さん達ですよ。車掌長を中心にしたチームワーク「新幹線パパ」笑顔で頑張ってますよ。いい味が出てきていますね。

東海道新幹線の安心安全は笑顔から生まれているんです。 他の新幹線との決定的な違い、わかりますか。

いい親父がいるから、いい子も育つのです。
[PR]
by egaoclub | 2007-07-02 19:35 | 笑顔の仲間たち