<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

笑顔認証システム

「あなたは、外見で損をしていませんか?・・」と言い続けて20年、いま日本の笑顔ビジネスが注目されています。

昨日、NHK 国際放送局の取材がありました。僕は、30分枠の後半に出演する予定です。NHKワールドTV「what on japan」テーマは「笑顔でビジネスチャンス」です。10月6日 NHK 海外向け英語放送/ 7日 NHK BS1  4:10〜40 と 9:10〜40で日本語放送の予定です。全世界に発信されます。見て欲しいです。
内容は、日本の笑顔ビジネスの現状と日本人の笑顔の傾向と変遷、そして笑顔の効用です。

http://www.nhk.or.jp/nhkworld/japanese/whatsonjapan_j.html

ここ数ヶ月だけでも、笑顔のビジネス化が加速しています。

任天堂DS「顔のトレーニング」の発売。ゲーム感覚で楽しく顔の表情筋を鍛える事ができます。

オムロン「顔認証システム」あなたの笑顔度を評価したり、入店するお客様の顔を識別し、顧客管理につなげるシステム。

ソニー「笑顔検出システム」デジカメが笑顔になると自動でシャッターを切る。

でも、何でなの?

いまの世の中、情報の洪水です。便利になったが、心のどこかで寂しく乾いているんですね。笑顔という心のオアシスを求めているんだと思います。特にビジネスでは、商品の格差は少なくなり、笑顔が最大の差別化戦略になっています。100円ショップやアウトレットでもスタッフに笑顔がないとクレームになるサービスに厳しい日本です。

また、日本人のきめ細かい感性が目覚めてきているのかもしれませんね。もてなしのこころをテーマにしたドラマも多いです。
わかっているが、できない。大切な心を伝える笑顔の技術がないことにも気付きはじめています。

昔「男は黙ってサッポロビール」という人気CMがありました。これ知ってる世代は、感情表現がすこぶる苦手で、顔の筋肉も固まっている可能性があります。
まずは、わりばしストレッチで顔の体操をしましょう。味のあるいい顔に大変身できますよ。口元を上げるだけで表情が変わります。「歯を出して笑え日本人」です。

写真を撮る時「はい、笑顔です。」と言われて、無意識に手を上げて指でピ−スをする人は、笑顔に慣れていないんです。自信がないからテレがでる。小さい頃「いい笑顔」と褒められていれば、手なんてでません。自然と歯が出ます。歯を出した方が、疲れないんです。
指でピースを作っているようじゃダメですよ。手を出すんんじゃなくて歯を出す。これ世界の常識です。
きっとソニーのカメラでは、あなたの笑顔は笑顔と反応しませんよ。スマイルシャッター付きのデジカメで特訓しよう。しかも、手ぶれ防止機能付きですよ。

笑顔は自然がいいんだと思い込み、相手に伝える努力せず顔が化石化してしまったガン付けタイプ。
「笑顔は大切だ」とわかっているが、笑顔の表現が苦手なスローガンタイプ。
顔に動きがないフラットフェースの日本人なのに欧米の顔を真似て育った現代人。みんなでやるパフォーマンスは得意でも、一人で自分を表現するのは苦手。・・・共通して言える事は、みんな笑顔に自信がないんです。

外見で損しちゃいけませんね。外面も心と同じくらい大切なんです。
苦手な人は、愛コンタクトからはじめましょう。相手の目を優しく見て、大きくうなずき、しっかり相づちです。お試しあれ・・・

+++++++++
++++++++++++

笑顔研修の真顔・和顔・笑顔づくり・・・。コンピュータが、こころと顔や身体の変化のプロセスを認証するには、まだまだ時間がかかるようです。
近い将来、コンピュータに「いい笑顔は、欠点が味になるんだよ」という事を教えてやりたいですね。

NHKインタビューの最後の質問は「笑顔づくりで一番大切なことは何ですか」でした。
思わず「愛です!」と答えました。でも本音ですが、なぜか赤面しました。

笑顔で一番大切なのは、相手を思いやるこころです。
相手がいるから笑顔なんです。
それを感じてもらうのには苦労します。日本人は、相手のためにいい笑顔をつくるという意識が弱いんです。
みんながやる事は、何でも同じように頑張る。でも頑張って笑顔づくりはできません。頑張るより、リラックス、エンジョイ・・・楽しむ事です。

外国人は、フレンドリーで笑顔作りにあまり苦労しなくてもつくれます。ソニーのデジカメ「スマイルシャッター」のニーズは弱いので売れないかも?
それともゲーム感覚で面白いから売れるかな?

外国人から見たTV「笑顔ビジネス」放送の反応が知りたいです。海外在住の方のコメント 大歓迎です。
[PR]
by egaoclub | 2007-09-29 18:25 | なるほど笑顔

快挙 ベスト8進出!

はじめて墨田区区民大会 テニスミックスダブルスのベスト8に進出できました。 とても嬉しいです。

朝8時から試合スタート・・・夜の決勝トーナメントも最初は6−1で一勝しました。その後、2−6で完敗です。(笑)
でも、今日一日 ドロー運に恵まれたとはいえ、夫婦での楽しい共同作業の快挙です。

週末しかテニスのできない僕にとって、テニスはこころと身体を癒してくれる貴重な趣味です。一球一球の玉に、おかしいくらい子供のように夢中になってします。仕事とは違う緊張感がたまらなく新鮮なんです。

でも女房とのペアーは、今までは途中でいつも喧嘩してました。ポーチに出ると「余計なことしないで・・・」という感じでした。わかってるんですが、お互い我が儘が出ちゃうんですね。夫婦の共同作業ほど難しいものはありません。他人なら許せても、女房だとついつい本音でミスを引きずっちゃうんです。ポジティブな意識の切り替えが難しいです。

今日の勝因は、我慢してくれた女房のお陰です・・・。よくつないでくれました。本当に感謝です。

<追伸>
今日は、女房の誕生日だったんです。思い出に残る、いいプレゼントができ嬉しいです。
[PR]
by egaoclub | 2007-09-17 21:31 | ときめき笑顔

ザ・ペニンシュラ東京 体験記

高級外資系ホテルが競い合う日本、皇居を眺める日比谷の一等地に世界最高級の真打ちホテルが登場しました。ザ・ペニンシュラ東京です。

9月1日にオープン以来なかなか予約がとれず、先日やっとレストランでランチの食事をする事ができました。お店の名前はPETER(ピーター)です。ランチ2コース料理 4000円(3品)〜6000円(4品)です。

コンラッド東京、リッツカールトン六本木、マンダリンオリエンタル東京、宿泊はしていないのですが、フレンチかイタリアンのレストランは体験しました。比較した感想ですが、ビルそのものがまるごとホテルとして使っているペニンシュラ東京の雰囲気は10年 100年・・と続く老舗の香りがしました。まだ、進化中でしょう。
ペニンシュラ香港は、世界一の評価を何度もとった名門中の名門です。

ペニンシュラ東京は、正直言ってスタッフの容姿や身長、外見などは負けてるかも。バラバラ、いろんなタイプがいました。外見よりこころで勝負ですね。でも、一番フレンドリーで優しかった。個人よりチームワークの良さが特徴のようで、「サービスはマニュアルではなく文化だ」と、時間をかけて育てる社風を感じました。

僕が一番好きなのは、ドアマンです。ページボーイと呼ばれる彼らが良いんです。顔は決して華麗な良い男ではないし、身長も高くないですが、いい味がある。そして、温かいんです。思わず会話してしまったページボーイの金子さんも素朴なアジアの顔しています。

そして、ロビーでは生演奏を聞きながらカフェも楽しめます。ソファーに座り雰囲気を味会うのもいのでは・・・カフェは、一時間ほどのウェーティングがかかっていました。

専用エレベータで24階?へ。エレベータは、日本人には暗い個室、レストランに到着するころには目も慣れ、別世界へ到着。和のイメージが随所にアレンジされ、外国人には日本を感じさせ、日本人には新鮮な和風を楽しませてくれます。右端の窓側、一番人気の場所をリザーブしましたから、ラッキー。大きな皇居が丸見えなんです。日本の誇るすばらし景色ですね。ただし、夜は真っ暗で見えませんよ。

通路の白壁が、歩くと水滴が動くんです。照明が人の動きに反応し、いろんな水滴を演出してくれるんです。これも面白い工夫です。

料理は、お魚と肉を入れた4品を注文しました。さすが、老舗の味です。見ても食べても美味しかったです。僕にとっては、チョコレート系のデザートが甘く、多すぎました。さらに、チョコレートがコーヒーのお供についてきました。食べきれないデザートでした。

スタッフの応対は、まだまだベテランとはいえませんが、感じがいいスタッフを揃えていました。ディナーは違うかもしれませんが、少々若い感じがしました。一人でも年配の方が入ると雰囲気が締まってくると感じました。

また良いホテルが増え、嬉しいです。それにしても、ホテルの競争がまた激しさをました事は確かです。そして、本場ミシュランのレストラン評価も11月には公表され、ますます日本人は学習し、いい店のみ選別される時代になるようです。

僕の笑顔の基準は、美味しくて、感じが良くて、そして納得価格です。
あまり、マスコミの風評には左右されません。自分で体験したことのみを紹介していきたいと思います。
[PR]
by egaoclub | 2007-09-15 12:23 | ときめき笑顔