<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祝婚歌

祝婚歌  吉野 弘 作

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付くほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい


互いに非難することがあっても
非難できる資格が
自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい


正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい


立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり
ゆたかに
光を浴びているほうがいい


健康で
風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ 胸が熱くなるのか
黙っていても
二人には
わかるのであってほしい


++++++++++++
++++++++++++++++++

僕はこの詩が大好きだ。

友人の結婚式で紹介された時、こころに感動の衝撃があった。
あれから25年・・・・
しみじみと人生の素晴らしさを皆さんと分ち合いたい今日この頃です。

こんな素晴らしい詩を書かれた吉野弘さんに感謝です。
[PR]
by egaoclub | 2008-01-29 20:32 | ときめき笑顔

中国で笑顔の特訓

8月に中国で開かれるオリンピックの準備も残り少なくなりました。興味深いニュースが流れたので紹介します。競技の勝者にメダルを渡すプレゼンテーター候補の美少女が、国営カレッジで笑顔の特訓を受けているそうです。
http://sports.nikkei.co.jp/flash_r.cfm?news_id=3080328

僕の本も中国からオファーがあり「頭がいい人より感じのいい人。人から好かれる笑顔の技術」ダイヤモンド社が中国語に訳され発売されます。すでに韓国では出版され、顔の体操「わりばしストレッチ」は、日本と同様 人気だそうだ。

でも、わかるかな〜。真顔/和顔/笑顔

「和を以て貴し」とする日本の誇る「もてなし文化」が世界に広がるのは嬉しい事ですが、先月のトルコ旅行の時も空港で列ばず、横から割り込みするのは中国人でした。笑えない本当の話です。

日本ではあたり前の基本的な躾を指導するのは、相当大変なようですね。何たって、人口も多いし、人種も多種、しかも一人っ子の国ですから・・・。
[PR]
by egaoclub | 2008-01-09 23:29 | 笑顔の仲間たち

交響曲第一番

年末に友人から一冊の本をいただきました。そして、正月一挙に読みました。

ロック歌手時代からの友人で素晴らしい人がいると何回か聞いた事があります。その時、いつも友人は目を輝かせて話すんです。
大ヒットしたゲーム「鬼武者」の音楽を担当した佐村河内さん作曲家です。

本の名前は、「交響曲第一番」佐村河内 守(さむらごち まもる)著 講談社

被爆2世として生まれた事が原因かどうかは不明ですが、強烈な偏頭痛と耳鳴り・・・そして、彼は突然全ての聴力を失ってしまう。
何も聞こえない・・・・全聾の闇、絶望のどん底で自殺を繰り返す。

そして、盲目の少女との出会いが彼の運命をに光がさします。命を削って作る音楽は壮絶な戦い、それでも容赦なくこれでもかと不幸が彼を襲う。
僕が聞こえなくなったら、どうなるだろう?

彼だけが聞こえる「闇の音」に命の音を感じました。
「私には、音楽しかない。一を得るために九十九を捨てる。・・・・」
僕は、この本から生き方を学び、元気もらいました。
e0003877_1840154.jpg

[PR]
by egaoclub | 2008-01-04 18:45 | 笑顔の仲間たち

アマ・フェッショナルの時代

明けましておめでとうございます。

大晦日、テレビをつけたらNHKで漫才をやっていました。おもしろくないのでチャンネルをかえると10チャンネルでも漫才をやっていました。
吉本の若手芸人でした。

その若手の方が面白いんです。ついつい見てしまいました。ベテランって何なのかなあ〜

紅白歌合戦を見て感じました。一番良かった歌は、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」でした。石川さゆりの歌が、心に響きました。新鮮に感じたのです。

そして、何よりの鶴瓶の司会が良かったです。彼の株が上がったね。パンツを出すどころか、素直な心が見えました。司会は全くの素人なんだろうか。でも要所はきちんと押さえてました。そして、緊張の中で一生懸命の心が伝わってきました。

そして、僕は思いました。

人間 慣れてはいけないんだと・・・年を重ね新鮮さが欠けていく人生に、常に新人の素直なこころを保ち続ける努力が必要だと感じました。

常にアマチアの心をもったプロを目指したいと新年に誓いました。
[PR]
by egaoclub | 2008-01-01 14:59 | 笑顔の仲間たち