<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

感動の値段は、いくらかな?

先日の結婚記念日に銀座ブルガリタワーのレストランで食事をしました。昨年末に開業してから気になっていたお店の一つです。ブルガリが総力を上げて作ったタワーの3階のフロアーは、何億という宝石が惜しげもなく飾られています。一桁値段を間違えちゃう(笑)

http://www.asahi.com/fashion/gallery/bulgari/index.html

はじめてという事もありコースメニューの中から、お肉の美味しそうなミラノコース 20000円をちょっと奮発して頼みました。バリコース15000円もあります。

ハード分野は、厳しく評価してもさすがブルガリ・・・という感じでした。特に一品ごとの見せ方や味、店舗デザインやアメニティのセンスは抜群だと思います。来年のミシュランには、星一つで登場するかなって感じです。

でも、何か物足りませんでした。ハード面では最高でも、スタッフの質はまだまだですね。電話コールの応対やウエルカム体制など美人ぞろいですが、慣れていないのか普通でした。

一昨年 バリのブルガリのレストランに行った時は、出来ない英語で注文し、ドキドキの体験でした。そして、その緊張をとってくれるフレンドリーの接客が忘れられません。

以前ミクシーの日記「リッツカールトン笑顔の秘密」で紹介しました。あの時のイケメンシェフがこの料理を作ってくれているんだという事も知りました。バリでは、シェフが挨拶にテーブルを廻り一緒に記念写真も撮りました。

日本のブルガリは固いです。もっとフレンドリーな接客があればいいのにと感じました。サプライズがなく、接客サービスも普通でした。普通では、20000円は高いかな。でも、料理のセンスと味は思い出に残りました。

デザートは、最上階のバーフロアーを希望しそこでくつろぎました。食べきれないくらいのボリュームでした。
レストランから見る銀座の景色は、東京タワーが光り輝き新鮮でした。

女房は喜んでくれたようです。

++++++++

翌日は、浅草のバーミヤンで食事をとりました。こちらは2000円のフルコース(2名以上)です。飲茶からエビチリまで食べきれないくらいのボリュームがあるんですよ。一人2000円のクオリティに感動しました。(笑)

さらに1500円のコースもあるんですよ。
http://www.skylark.co.jp/bamiyan/sp/course2.html

感動の形はいろいろあるもんですね。
e0003877_19424693.jpg

[PR]
by egaoclub | 2008-02-22 19:37 | おいしい笑顔

お陰様

光があれば、陰がある・・・・

この1週間は冠婚葬祭が重なり、自分の人生を改めて味わうことになりました。
人間って素晴らしいですね。
出会いと別れ、人と人との関係の深さ、喜怒哀楽をしみじみ感じました。
今を生きていることに、感謝です。

挨拶で「お陰様で・・・」という言葉を何回か聞きました。
最近、あまり聞かなくなったので新鮮に感じました。

それにしても、「お陰様」という言葉は、日本を象徴する良い言葉ですね。
陰の世界に「お」を付けて、さらに「様」まで付けて最高の敬語で表現してるんです。
そんな国、他にないと思います。

日本人は、陰の世界も大切にしながらバランスをとってきたんですね。
光があれば、陰がある。
何てったって神様に「貧乏神」まで登場する文化は、他国にありませんからね。
[PR]
by egaoclub | 2008-02-09 18:34 | なるほど笑顔