わりばしストレッチの秘密

笑顔アメニティ研究所では、笑顔づくりに割箸を使用します。

その割箸が環境を壊すと言われた事があります。
黙っていましたが、とても気にしていました。割箸を作るための森林の伐採が、地球温暖化を加速するからだす。

もう、6万人以上に「わりばしストレッチ」で割箸を使用しています。

でも、今日の日経ウーマン取材で記者の方から素晴らしい事を伺いました。感謝です。

彼女曰く、以前の取材で専門家から日本製の割箸は、どんどん使った方が環境にいいんだと聞いた事があるそうです。僕の使っている檜の割箸は、日本製だから使った方がいいという話でした。

理由は、日本製の割箸の場合は、多くが廃材を利用しているためどんどん使わないと、木材を焼却しなくてはならず、環境に悪い二酸化炭素を増やす事になる。

目からうろこが落ちた思いです。

竹も多すぎて竹の割箸も同じだそうです。日本製の割箸の見分け方は、少々色が茶色っぽく、割箸に茶色かかった小さな点々があるそうです・・・。


でも「わりばしストレッチ」で使用する割箸は、歯触りと香りのいい檜に限りますね。檜の割り箸は、噛めばその良さがわかります。

追伸

今日の取材内容は、日経ウーマン4月号に登場します。

それと、皆さんにお尋ねしたいことがあります。
「わりばしストレッチ」のヒントとなった映画の題名を教えてください。

たしかオードリーヘップパーンが彼とデートする前に、大きな鏡で自分の顔を見ながらハガキを口元で軽く噛み、口元を上げてスマイルの練習をしていたんです。当然、映画は白黒です。
その映画の題名が知りたいんです。どうしても思い出せないんです。

よろしくお願いします。
[PR]
by egaoclub | 2007-02-03 21:52 | なるほど笑顔
<< 3000本のワインセラー 富士山のチカラ >>